身体の使い方

無駄な力が抜けないのはなぜ?原因と対策(後編)

 
無駄な力が入ってしまう、
上手に力を抜けない3大原因は、

■立ち方や身体の動かし方が間違っている
 
■柔軟性・可動域が足りない
 
■腹筋や体幹が弱い・使えていない

でした。

無駄な力が抜けないのはなぜ?原因と対策(前編)最近、立て続けに といったご相談をいただきました。  もしかしたら、 自分では気付いていなくても、要らない力みがあるせいで思うようにバ...

無駄な力を抜くには?

 
ラクにしなやかにバレエを踊るために、
力を抜けない3大原因を解消していきましょう! 

解決策その1: 正しい立ち方・姿勢を知る

正しい立ち方と姿勢を知り、
重心をあるべき場所にもっていくことで、

無理やりバランスを取る為に使われていた
無駄な力が必要なくなります。

足・骨盤・頭などを、
本来あるべき位置に並べるようにしましょう。 

解決策その2: 柔軟性を上げ、可動域を広げる

ラクに身体を動かせるようになり
パワー頼りで無理やり動かす必要がなくなります。

解決策その1の、正しい姿勢になるだけでも
自然に可動域が広がることがありますよ♪ 

解決策その3: 腹筋・体幹を鍛える

腹筋や体幹が強くなると、
土台が安定して軸ができる為、
安心して無駄な力を抜けるようになります。

すると、
使うべき筋肉と、使わなくていい筋肉が分かり、
身体を機能的に動かせるようになってきます。 

踊れる身体をつくるエクササイズ

 
無駄な力が抜けない理由は、
力を抜くことそのものではなく
他に原因がありそうだ…
ということが分かったと思います。

 
でも、上記のような

・身体を本来あるべき姿勢に戻すこと
・バレエに必要な柔軟性と筋力をつけること
・バレエにつながる機能的な動きを知ること

を、ふだんのバレエレッスンだけで
体得するのは難しいのではないでしょうか。

 
そんな時に試して頂きたいのが、
バレエエクササイズである【バー・アスティエ】です。 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG0106175632.jpg です

床に座った姿勢・寝た姿勢で、
身体を安定させた状態で行うエクササイズは、

身体の可動域を広げ、
バレエに必要な柔軟性とインナーマッスルを
ピンポイントで鍛えることが可能です。

 
バー・アスティエと他のボディワークとの違いは、
全ての動きがバレエに直結しているということ。

エクササイズそのものが、
まるでバレエを踊っているように作られているので、

「この動きは、バレエの◯◯に活かせるな」
「この使い方を◯◯の時にすれば良いのか!」

など、
バレエをしている方に理解して頂きやすいのが特長です。

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースの
受講生さん達にも特典として
バー・アスティエのレッスンを受けて頂いているのは、これが理由です♪

大人バレリーナに必要な、テーマ別の特別レッスン

 
このたび、
このバー・アスティエの特別レッスンとして、
月に1回、テーマ別のクラスを開催することにいたしました!

 
テーマは、
大人バレリーナのお悩みに特化して 

4月 アンデオール
5月 強くてしなやかな軸づくり
6月 脚を高く上げるために
7月 しなやかな上半身
8月 お腹と背中の引き上げ
9月 開脚できる柔軟性づくり

を予定しています。

それぞれのテーマをメインとした
バー・アスティエのレッスンをした後に
簡単なバレエのレッスンも行って、
身体の使い方を確認していただきます。

クラスのタイトルは、

大人バレリーナの為のバー・アスティエ+バレエ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 52596029_619895341802410_9098092410675658752_n-1024x575.jpg です


3月に入ったら、予約を開始しますので
楽しみにしていて下さいね♡

ご質問や、テーマのリクエストもお待ちしております!

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちらから♪



月に1~2回配信予定。

LINE@ご登録はこちらから♪

友だち追加