身体の使い方

上半身を柔らかく使うには?

最近、上半身の使い方についてのご相談を
立て続けに受けたので、こちらにもシェアしますね♡

たとえば、バーレッスンのタンジュの時。
バーと反対側の腕をアラセゴンドにして、
顔をそちらに付けるような場合。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 124151423_901378333728225_1333101243607883010_n-1024x768.jpg

この時に動かしたいのは、
胸から上・肩甲骨から上の部分です。

《ドゥバン:脚を前に出すとき》
肩甲骨から胸を反らせていくことで、
頭も後ろに倒れていくので、
横の手を後ろ側から見るような形になります。

《デリエール:脚を後ろに出すとき》
胸から上を前に倒していくことで
頭も前に倒れるので、
横の手を前側からみる形になります。

なのですが、、、

《上半身の使い方がなんか変…》という方は、
上半身を使っているつもりで、
腕だけ…とくに肘から先や手首から先だけを
ヒラヒラさせたり、回していることが多いようです。

背骨をうまくコントロール出来ないと、
代わりに腕を動かしたくなってしまうんですね。

こういう、動かしにくい部位の動きを
動かしやすい部位で代替してしまう
ということが起きがちです。

たとえば、

後ろに反るときに、首を折ってしまったり
腰から曲げてしまったり(危険です…)

エポールマン(肩をひねる動き)の時も
胸椎の辺りから回旋していきたいのですが、
そのあたりが硬い人は、
ウエストや骨盤の部分から動かしてしまったり、

アロンジェした腕の先に顔をつける時は、
やはり胸から上(胸・顔・視線)全部で
そちらの方向を見たいのに、
上半身は固まったまま、上目遣いで目玉だけを
動かしていたり。。

総合すると、
どうやら胸椎の辺りの動きが出にくくて、
その他の部分で何とかしようとしてしまう
ことが多い、ということのようです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 123945041_3403766859721653_792845160232358682_n.jpg

胸椎は、首の後ろの出っ張った骨の辺りから、
みぞおちの辺りまであります。

が、心臓などを守るために
肋骨と繋がっているので、
そもそも可動域はあまり大きくありません。

しなやかに上半身を動かしたい方は、
この胸椎の部分をよく動かせるようにしましょう。

まずは、動かしたい部分を意識する為に、
手で触れてあげながら、丸くなる⇔反る
という動きを繰り返してみて下さい♪

レッスンの時は、
首や腰や手先で代わりに動いてしまっていないか
注意深くチェックしてみて下さいね。

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加