身体の使い方

脚を高く上げる為に必要な3つのこと

 
バレエをやっているからには、
脚を耳の横まで上げたり…
美しいアラベスクのポーズを決めたり…
したいですよね♡

  
脚を高く上げる為に必要なのは、柔軟性?

 
もちろん、それも大事な要素ですが、
柔らかいだけではダメなんです。

 

みずき先生
みずき先生
脚を高く上げる為のポイントは次の3つ!!
 

1.柔軟性

 
これは、容易に想像できるところですよね。

 
脚を高く上げるには、
腿裏の筋肉(ハムストリングス)が
しっかりストレッチされていることが必須です。

 
さらに、上げる脚だけでなく
軸足もじゅうぶんにストレッチされていないと
美しいラインを出すことができません。

  
アラベスクだったら、
背中の柔軟性も必要になってきます。

2.体幹(軸)の強さ

 
脚を90度よりも上げようとする場合、
骨盤はまっすぐのままでは上がりません。

 
ドゥバン(前)に上げるなら
骨盤は少し後傾させますし、

デリエール(後)に上げるなら
骨盤は少し前傾させますし、
(さらに上げる方の骨盤を少し開きます)

アラセゴンド(横)に上げるなら
骨盤は軸側に倒します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は alasecond.jpg です

骨盤を倒しても
腰を落としたくはないし、
上体は上に伸び上がりたいので、
腹筋や脇の筋力が必要になってくるんです。

骨盤は倒しても、上体は倒すな!
なのです♪ 

3.アンデオール(股関節の外旋)

 
脚(大腿骨)は、骨盤のソケット状のくぼみに
はまっています。
そのジョインと部分が股関節です。
 
 
アンデオールしないと、
そのソケット(くぼみ)に大転子がぶつかって
やはり90度以上は脚を上げられません。
 
 
アンデオールすることで、
股関節の出っ張り(大転子)を
ソケットにぶつからないようにするんです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kotsuban.jpg です

2で書いたように、
骨盤を傾けないと
脚が上がらないのと同様に、

アンデオールをしないと、
あるところ以上には脚が上がりません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 58379615_3029853400381404_6303481586306252800_n-1.jpg です

 
この辺の詳細は

アンデオール講座でお話しますね。 

 

みずき先生
みずき先生
脚を上げるって大変ですね…
 

脚を高く上げるには、、、

アンデオールしながら、
骨盤を傾けて、
それに負けない軸を保ちつつ、

さらに、上げた脚をキープする力も必要です。
 
 
 
ただ身体を柔らかくする方法だけでなく、
上記のポイントを押さえて
バレエで《使える》柔軟性と筋力をつける方法
お伝えしています。
   
脚を高く上げたい方は、
ぜひ一度ご体験くださいね♪

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は endehors3-1.jpg です

バレエ上達の近道!『アンデオール講座』 バレエに必要不可欠のアンデオール バレエを踊っている皆さま! 趣味として楽しむ人も、本気で上を目指す人も、バレエを踊る...
バー・アスティエクラス バー・アスティエとは? バー・アスティエとはフランス人バレエ教師アラン・アスティエ氏が考案したフロアバー(barre au so...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加