バレエコラム

大人バレリーナには注意しにくい《お小言集》

今日はいつもと趣向を変えまして
マナーやレッスンの受け方などについて
思いきって書いてみました。

子どもには、
小さい時から当たり前に注意している
あんなことやこんなこと…

長年やっている方には
「何を今さら…」な内容かも知れませんが、

大人バレリーナさんには
わざわざ言っていなかったり、
若い先生ではちょっと言いにくい
なんてこともあったりします。

でも、バレエをする上で
実はそういう部分も大切だったりするんですよね。

みずき先生
みずき先生
という訳で、お局みずきのお小言集、
聞いて下さい(笑)

マナー編

これは、明文化された決まりではないですが、
バレエ界では暗黙の了解、
マイナールールのようなものです。

悪気はなくても、知らなければ
うっかりやってしまって、
「あらら…」と思われてしまう
なんていうこともあるかも知れません。

当たり前のこともありますが、
ぜひチェックしてみて下さい。

●遅刻しない
 時間ギリギリに駆け込まない

遅刻してきた人のスペースを空ける為に
多くの人が移動することになったり、
それによってレッスンの妨げに
なってしまうこともあります。

お仕事帰りだったりして
しかたのない場合もありますので、
あえて注意はしませんが、
ご自分の心の余裕と、身体の準備の為にも
余裕をもってスタジオに入りましょう♡

不思議ですが、
上手な人ほど早めに来て
ウォームアップのエクササイズに励んでますよ。

●遅刻して受講する場合、
 音が止まってから合流する

お教室やスタジオごとに、
遅刻は〇分まで、遅刻したら受講NGなど
遅刻の場合のポリシーが決まっていると思います。

途中からレッスンに合流する場合、
一刻も早く参加したいと焦るかも知れませんが、
音が鳴っている間は合流NGです。

たとえば、プリエをしている途中であれば、
プリエの音が終わるまで、
スタジオの外や邪魔にならない端っこで
待っていましょう。

他の人が踊っている時に、
無理やりバーに割り込むのはマナー違反です。
足がぶつかるなどして危険でもあるので
絶対にやめましょう!

●先生が順番などを説明している時は
 座り込まない

超初心者さんにしかいないと思いますが、
疲れてしまったのか、
体育座りで聞いてくださってた方がいました(笑)

悪気はないのは重々承知ですが、
レッスン中に座り込むのは止めましょう。

バーにもたれ掛かるのもNGですよ~。
きちんと立って、一緒に身体を動かしたりしながら
説明を聞きましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 25.media_.tumblr_com.jpg です

●先生が順番などを説明している時は
 端に移動するなどして、後ろの人にも
 先生の姿が見えるように配慮する
 
後ろにいる人には、あなたが邪魔になって
先生のお手本が見えないかも知れません。

とくにスタジオの真ん中あたりにいる人は
注意が必要かも。。
スタジオの端に移動したりするなど
周りを見る配慮もお忘れなく。。  

レッスン受講編

バレエは、順番を覚えて
身体の使い方を意識して…と
やることがいっぱいで大変です。

慣れないうちは、余裕がないかも知れませんが、
ある程度の経験者は少しずつ意識したいことです。 

●音楽が流れている間の注意には
 声を出して返事しない。
 
これ、バレエ初心者さんには
かなり意外かも知れませんね。
「返事しない方が失礼じゃないんですか!?」
と思うかも知れません。

ですが、音楽が鳴って踊っている時に
身体を触って直されたり、
個人的に注意してもらったとしても
「はい!」「わかりました!」
などの返事をする必要はありません。
(まぁ、しちゃダメってことではないですが)

返事をしたり頷いたりすることで、
重心やバランスが崩れたり、
音に遅れてしまったり、
順番が分からなくなったりするよりも、
黙って身体で応えましょう!!
  

●他の人がされている注意も
 自分のことと思って聞く
 
先生は、生徒の性格やレベルによって

「特に〇〇さんに聞いて欲しいけど、
皆にとっても大事だから、全体に言おう」

「この人は、個人的に注意をしたら
萎縮してしまいそうだから、
全体への注意として言っておこう」

など、色々考えたうえでアドバイスしています。

なんですが、
「特に〇〇さん聞いて~(心の声)」
って時ほど、
当の〇〇さんが聞いてくれてなかったりします…笑

自分だけに注意をしていなかったとしても、
他の誰かに対して言われたアドバイスでも、
自分事として聞きましょう

吸収できることが何倍にもなりますよ♡  

●先生に注意やアドバイスされたら
 すぐに動いてやってみる

これね、教える側が(少なくとも私は)
一番がっがりしちゃうやつです。。

個人的に注意をしたり
見本を見せつつ動きを直した時に、
「はい。」と返事はしてくれるものの、
それをやってみようとしない人が
時々いらっしゃいます。

体力温存の為なのか、
皆の前で一人だけ動くのが恥ずかしいのか、
色々な想いはあるとは思いますが、
バレエは身体を使って表現するもの。
頭で理解したと思っても、
それが実践できるかどうかはまた別です。
  
実際にやってみて上手くいかなければ、
さらにアドバイスが貰えるかも知れません。
せっかくの機会なので、
積極的に受け取ってくださいね♡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2550.jpg です

いかがでしょうか?
 
本当は、レッスン中に振りが分からなくなっても
立ち止まらないとか、
センターレッスンでの危険行為についてなど
色々あるのですが、それはまた今度。
 
3ヶ月コースでは、さらに身だしなみのことなど
お局のように細々お伝えしております(笑)
 
うるさいようですが、
そういう部分が出来ている人のほうが
バレエが上手になったりするんですよね。
(子どもなどはその傾向が顕著です)
 
たまに思い出して頂けると嬉しいです♪

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加