バレエ上達のコツ

振付や順番が覚えられない原因3つ

コースの受講生や、バレエの生徒さんのお悩みの一つに
「バレエの振付や順番が覚えられない」
というものがあります。

覚えられないのはトシのせい?笑

いえいえ、安心してください!

振付や順番を覚えられない
もしくは
右では出来たのに左になると
分からなくなってしまう…
のは、覚え方に問題があるからなんです。

振付や順番が覚えられない原因3つ

振付や順番が覚えられないという時に
考えられる原因を3つ、挙げてみました。

1.振付の構成が頭の中でうまく整理できていない

与えられた振りを頭の中で整理して
ルールや規則性を見つけることができると、
簡単に素早く覚えることができます。

これが咄嗟にできないと、
句読点のない文章を丸暗記するような感じになってしまい
覚えらない~!ということになってしまいます。

例えば…

タンデュを
前に3回、プリエ
横に3回、プリエ
後に3回、プリエ
最後は後ろから1回ずつ

などのように、
振り付けを単純化・グループ化して整理すると、
覚えておかなければいけないことが減って
覚えやすくなるんですね。

もっと、単純化すると…
タンデュを3回ずつなのは頭の片隅に置きつつ、

前→横→後なのか(ずっと同じ足を動かす)
前→(反対の足を)後→横なのか

などポイントとなる部分だけを覚えればOKになります。

また、振付を
この時は右足と左手、次は左足と右手…
のように《左右》で覚えるのも危険です。

これをすると、
次に反対側からやりましょう、となると
今度は左足と右手、次は右足と左手…
というように、真逆に考え直さないとなりません。

それって、ものすごく大変!!

それを解消するには、、、

《バーレッスンの時》
バーの外側の足(または手)
バーのほうの足(または手)

《センターレッスンの時》
客席側の足(または手)
客席から見て奥の足(または手)

こんなふうに考えてください。

そうすれば、反対側に向きを変えても
同じ概念で手足を動かせますから。

2.頭では分かっているのに緊張して混乱してしまう

ザ・精神論(笑) 

でも、あるあるですよね~。

ファーストグループに入れられて、
沢山の人に見られて
緊張したら分からなくなっちゃった。。。

先生がめっちゃ怖くて、
間違えたら怒られると思ったら
頭の中が真っ白になった。。。

これは、自分に集中する…しかないかな。

上手く見せよう、間違えないようにしようとせずに
ひたすら「やるべきこと」と「音楽」に意識を向けましょう。

3.振りの中に出てくる動きを理解していない

やるべき「動き」の「やり方」を知らなかったり、
バレエ用語と動きが結びついていなかったり、
よく分かっていない部分があると、
順番どころではありません。

例えば「アッサンブレ」と言われて、
「え~っと、アッサンブレって…確か…?」
という状態だと、そこで引っかかってしまい、

できるはずの部分も音に間に合わなくなったり
順番が分からなくなってしまったりするのですよね。

外国語の読解のときに、
分からない単語があるとそこで引っかかってしまう
ような感じ。

動きのやり方が曖昧だったり、
まだ技術的にできないものが入っていたりすると、
そこから先の振りをインプットすることを
頭が拒否してしまいます。

振付を構成している、一つ一つの動きを
覚える・身体に入れる(考えずにできるようにする)
ことが必要です。

あなたはどれに当てはまっていますか?

この3つ
【頭】と【心】と【身体】ですね!!

きっと、順番が覚えられなくて…
という方は、この3つのどれか…もしくは複合技で
当てはまっていませんか?

とくに1番目(頭)と3番目(身体)の原因は、
動きの基本をしっかり理解することで
必ず克服できる部分です。

2番目(心)も、頭と身体が出来てくれば
自然に自信を持てるようになるから大丈夫!!

少しでも落ち着いてできるような
自分なりの心の整え方を見つけてくださいね。

順番を覚えて動く、のその先へ

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースでは、
基本的なバレエの動きを、

ルールや規則性を理解しながら
頭と身体で「分かった!」「出来た!」
というところまで徹底解説していきます。

順番はさくっと覚えてしまい、
動きの質や音楽に合わせて表現することに
意識を向けることができたら、
バレエはもっと楽しくなります♡

大好きなバレエをもっと知って
もっと楽しんで踊ってみませんか?

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加