踊り上手に見えるポイント

あなたの踊りが硬く見えてしまう3つの理由

  
バレエのレッスンの時に
「動きが硬い!」と言われたり、
 
発表会などの動画を見た時に
自分の姿を見て
「ギクシャクしてるなぁ…」
と感じたことはありませんか?
  
 
かく言う私も、以前はいつも
「動きが硬い!もっと柔らかく!」
と言われてしまっていました。

でも、、、

どうすれば柔らかく見えるのか?
というところまでは、
残念ながら教えて貰えなかったんですよね。
 
 
目指すは、しなやかで優雅な踊りなのに、
硬いと言われても解決方法も分からないし…
  
  
大人バレリーナさん達の中には、
私と同じようなことで悩んでいる方も
沢山いるのではないでしょうか?
  
 
という訳で、今日は
踊りが硬く見える理由
しなやかに柔らかく踊る為のコツをシェアしますね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 45694712_s.jpg です

踊り(動き)が硬く見える理由は、

  • 胸や背中を緩めてはいけないと思っている
     
  • 腕や上半身を大きく動かす為の土台が弱い
     
  • プリエが上手く使えていない
       

まずは、この3つが大きな原因です。
ひとつずつ見ていきましょう♪ 

胸や背中を緩めてはいけないと思っている

猫背はダメと気をつけるあまり、
胸を緩める(背中を少し丸くする)ことを
絶対にしてはダメ!と思い込んでいる方が多いようです。
 
 
ですが、それこそが
あなたの動きが硬くみえる一番の原因です!!
 
 
実は、バレエを踊る時は、
身体を緩めたり伸ばしたりしているんです。
 
 
たとえばピケアラベスクの直前に
片足をプリエして、もう片方を伸ばしますよね。
 
その時に上体は、少しだけ胸を緩めて
次のアラベスクで胸を少し上に向けて
張る為の準備をします。
 
 
一度、少し緩めてあげたほうが、
次に伸びる(張る)動きが映えますし、
身体の自然な反応としてやりやすいはず。
 
 
背中は、
丸くもなるし、反ることもできるし、
まっすぐに伸ばすこともできます。
 
 
どれでも選択できる身体にしておくこと、
丸くなるのを怖がらないことが、
柔らかい動きへの第一歩です♡
 
  
その際に、呼吸と動きを上手く連動させる
のも、しなやかな踊りに見えるポイントです。 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 71948608_s.jpg です

腕や上半身を大きく動かす為の土台が弱い

バレエでは、
下半身はリズム・上半身はメロディを奏でます。
 
 
上半身をしなやかに大きく動かす為には、
土台となる下半身がグラグラしていたら
危なっかしくて難しいですよね。
  
 
床を突き刺してしっかりと立てる足や

フラフラしない安定した骨盤があれば、
上半身は安心してメロディを奏でられるわけです。
 
 
動きが硬い、となると
柔らかさばかりを求めてしまいがちですが、
逆に下半身の筋力や安定感などが原因かも知れません。
 
 
速い動きや、アダージオなどで
グラグラする方は要チェックです♪ 
 

プリエが上手く使えていない

 
プリエは、ジャンプの準備や着地、
足を一歩出す時の準備としてなど
色々な場面でたくさん出てきます。
 
 
その時に、
膝カックン(←伝わります?笑)されたみたいに
急に膝を曲げてしまったり、
 
音楽や決められたカウントよりも早く
プリエの膝を伸ばしてしまったりして、
 
その一連の動きの中でプリエとしての役目を
しっかり果たせないことを
【プリエが上手く使えていない】と言います。
 
 
その原因は、
 
・引き上げが出来ていない
・足の筋力が弱い
・床を押せていない
 
など、さまざまですが
カウントに合ったスピードで
膝の曲げ伸ばし(プリエ)が出来ないと
カクカクした硬い踊りに見えてしまいます。
 
 
音楽に合わせて身体をコントロールしながら
柔らかいプリエを心掛けましょう♪

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 83034100_s.jpg です

いかがでしょうか。 
 
 
やっぱりバレエは、柔軟性だけでなく
身体をコントロールする為の筋力も必要
だということが分かりますよね。
  

みずき先生
みずき先生
まずは、この3つを意識して踊ってみて下さいね。
きっと見え方が変わってくるはず!!

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加