踊り上手に見えるポイント

踊りが垢抜けて見える◯◯の意識

先日のバレエ入門クラスで、
《あること》を直して頂いたとたんに
見事に踊りが洗練されて見えたんです。

その《あること》とは、、、

バランセで前進する時の腕。

アンオーにする方の腕はキレイなんですが、
反対の腕…アラセゴンに降ろす方の腕に
意識が向いておらず、
だらんと本来のポジションよりも下に
落ちてしまっていたんです。

なので、アラセゴンの腕まで意識して
遠くに伸ばしてもらうようにしたら、
一気に上級者のような趣きに♡

■意識していない部分をなくす
 
■コントロールされていない部分をなくす

これが出来るようになると、
踊りが一気に垢抜けて見え
見映えが良くなります。

アラベスクの脚などもそうですよね。

自分に見えない脚は、
膝が曲がってしまったりしがちです。。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ballet-3174227_640.jpg です

また、一連の動きの中で

■5番ポジションにきちんと入れる

■5番ポジションを通過する

なども、同じような垢抜け効果があります。

もちろん、見映えだけでなく
きちんと5番に入れることで、
次の動きに移行しやすくなったり、
アンデオールも崩れにくくなります。

自分でも、どんな動きをしているのかが
ハッキリ意識できるようになるので、
順番も分からなくなりにくいというオマケも♡

要するに【基礎が大事】という話なのですが、
アラセゴンの腕とか、5番だけなら
簡単に取り入れて頂けますよね♪

お試しあれ~!
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちらから♪



月に1~2回配信予定。

LINE@ご登録はこちらから♪

友だち追加