バレエ上達のコツ

バレエの上達に欠かせない5W1H

 
5月からスタートした
大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コース第5期も後半戦に突入!
 
 
折り返しの本日のテーマは、【回転】。
ピルエット、ピケターン、シェネを
分解しながら徹底的に練習しました♪
 
 
コースでは、パごとに気をつける点や
失敗しがちなポイントやその理由を
しっかりと言語化していくことから始めます。
 
 
よく、何かが上手くできない時に

意識はしているんですけど…

気をつけてはいるんですけど…

というセリフが出てきますよね。
 
 
でも、多くの大人バレリーナさん達は、
 
何をどのように意識しているのか?
どこをどうしようと気をつけているのか?
 
これにハッキリと答えることが出来ないんです。。
 
  
コースの時も、
「この動きの時には、何に気をつければ良いと思いますか?」
と聞くと、
 
 
皆さん、なんとなくは分かっていらっしゃるので、
 
「お腹…?」と小声の疑問形で呟いたり、
脇(体側)のあたりをナデナデしてみたりしてくれるのですが、
 
たとえば、
 
「軸側の脇が落ちないようにする」
「アンデオールして、お尻が持ち上がらないようする」
 
など、何のために、どこを、どうする、
具体的に答えられる人はほとんどいません。
 
 
もちろん、コースでは毎回このような
意地悪な質問をたくさんしますので、
コース終了時には、ポンポンと沢山の答えが出てくるようになります♡


アラセゴンドのタンジュでお尻を持ち上げてはダメ、
なのだとしたら、
 
  
ダメなのはなぜ?
持ち上がるとどうなっちゃうの?
持ち上げない為にはどうしたら良い?
  
 
ということを、言語化できるようになると
なんとなく気をつける・意識するよりも
格段に上達が早くなりますし、
踊りのクオリティが上がっていきます。
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 64534290_1635911539875856_4364510869585920000_n.jpg です

 

バレエでも5W1H


分かりやすい文章の基本形として、
5W1Hってありますよね。
 
 
When:いつ
 
Where:どこで
 
Who:だれが
 
What:なにを
 
Why:なぜ
 
How:どのように
 
 
これを、バレエでも使えるようになると、
気をつけるべきポイントを
しっかりと言語化できるようになります。
 
 
バレエバージョンだと、こんな感じ。
 
 
When:どのパで、どのタイミングで
 
Where:どの方向、どの角度に
 
(Who:これは私、以外ないですね…笑)
 
What:身体のどこを
 
Why:なんの為に
  
How:どのように


アッサンブレの時の(When)
アラセゴンドに出す足は(What)
高く上げ過ぎてはダメ。

と言われたとしましょう。
 
 
でも、
 
なぜ高く上げ過ぎてはダメなのか(Why)
上げ過ぎじゃない角度・高さはどこなのか(Where)
どうすれば高く上がらずに済むのか(How)
 
が分かっていなければ、
いくら《気をつけているつもり》でも
 
実際には、何をどう気をつけているのか
分かっていないので、
何度も同じ注意をされてしまったり、
間違った方向の努力をすることになったりしてしまうんです。
 
 
「頭を使ってレッスンをしましょう」
っていうのはこういうこと。
 
 
言語化できなければ
身体に正しい命令を出すことはできません。
  
  
これが出来るようになると、
色々なパの共通点が見えてきて、
芋づる式に効果的に上手になっちゃいますよ♡
 
 
頭と身体をバランス良く使う訓練をしている
コース生達は、きっと7月のコース終了時には
見違えるようになっていることでしょう。

みんなの上達が楽しみでなりません♪
 

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コース 従来のバレエレッスンの問題点 何年もバレエを習っているのに、なかなか上達しない…と悩んでいませんか? 大人になってから...
レッスン体験レポ(大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コース) 憧れのバレエを大人から始めると、さまざまな壁にぶつかりませんか? ・そもそも脚が全然開かない… ・頭で理解して、身体が動かせるよ...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加