バレエ上達のコツ

踊りになると腕の動きがぎこちなくなる理由

 
ポールドブラ=腕の運びが上手くできない場合、
まず腕の動きの練習だけをして、
その後に脚の動きと合わせていく…
という練習方法は、以前お伝えしました。
 
 
が…!!
こんなお悩みはありませんか?
 

手だけ動かすとなんとか動きを意識できていても、
足がついて踊りとなった途端に
人差し指だけ反り返るほど指先に力が入ったり、
だらんと手首が折れ曲がったり、
手首や腕だけを無駄に振り回したりしがちです。

 
これは、この機会に
ポールドブラをしっかり習得したい!
とご質問を頂きました。
 
さらに、この方は次のように
分析してご質問くださっています。
(素晴らしい!!♡)
 

動画で自分の動きをみると、
体の引き上げ不足や背中の硬さのせいで、
手先だけを振り回してカバーしようと
しているのかとも思っています。
 
その場合は手の動きの練習より
しっかり体幹を鍛えた方がいいのでしょうか。

 
そうなんです!!
 
 
腕の動きだけ練習している時は、
なんとなく良い感じにできていても、
脚の動きもプラスされたり、
いざセンターレッスンで踊るとなった時、
 
やっぱり
腕がぎこちなくなってしまったり
力が入り過ぎてしまったり
手先・指先のヘンな癖が気になったり。。。
 
 

みずき先生
みずき先生
ということは、
腕の練習を個別にするだけではダメそうですね。

 

 
そういう場合は、以下の2つのことを
考えてみてください。
 
 
【1】まずはその動きをもっと練習する
  
そのパ(ステップ)自体を、順番を含め
手も足もセットで何度も練習して、
余裕をもって動けるレベルにまでもっていく
ということをやってみましょう。
 
順番を覚えていることはもちろん、
脚を上げるとかバランスだとかに必死な状態だと
腕の動きまで意識する余裕がナイはず。
 
まずは、踊りながら自分の腕の動きに
気をつけられるくらいになるまで
そのパを繰り返し練習する必要がありそうです。 
 
  
  
【2】体幹や下半身をしっかりさせる
 
肩が上がってしまう人と同じで、
腕の動きがぎこちないのは、
体幹や脚がしっかりしていないことが多いんです。
 
「体幹がしっかりしていない」とは
お腹や背中の引き上げの不足、
 
「脚がしっかりしていない」とは
脚で床を突き刺して、その力で上に伸び上がる
ということが出来ていないことを指します。
 
ですので、
ご質問者さんが書いてくださったように、
この段階の場合は、腕の動きよりも、
体幹や脚をしっかりさせることで
腕や手で頑張らなくても大丈夫な状態をつくる
ということも大事です。
  
 
 
これらが出来てくると、
腕や手先・指先まで意識する余裕が生まれるので、
自分の意思でコントロールしながら、
柔らかく優雅に動かすことができますよ♡
 

無駄な力が抜けないのはなぜ?原因と対策(前編)最近、立て続けに といったご相談をいただきました。  もしかしたら、 自分では気付いていなくても、要らない力みがあるせいで思うようにバ...
軸がグニャグニャなのも無駄な力が抜けないのも、原因は◯◯の弱さです!  このようなお悩みを沢山聞きますが、これ、原因はどちらも 体幹の弱さ なんです。  【体幹】とは、人間の身体の手足を抜いた部分、つまり...

 

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加