身体の使い方

軸のある身体、強い軸ってどういうこと?

 
バレエをしている方はもちろん、
姿勢や身体について気にしたことのある方は
 
軸のある身体強い軸
 
という言葉を耳にしたことがあると思います。
 
 
「大人バレリーナの為のバー・アスティエ+バレエ」
の次回(5/19)のテーマも、
【しなやかで強い軸づくり】です。
  
  
軸がしっかりしていると、
バレエで大きく脚を振り上げたり
上体を大きく動かしたりしても、
身体がグラグラ・グニャグニャしません。
 
 
背すじ・体幹をまっすぐに近い角度で
保つことができます。
 
  
軸は、身体の中に通る1本のラインと考えると
わかりやすいでしょうか。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jiku.jpg です

 
ただし、「軸を強く」と聞くと
「強い=固める」「強い=びくともしない」
なんて想像しちゃいませんか?


私はこれ、
少し違うと思うんです。
 
 
びくともしない、のではなくて、
 
衝撃や揺れを【しなやかに受け止められる】状態。
 
これが強い軸です。
 
 
このように、軸をしなやかに保つ為には、
背すじ(脊椎)の端と端を引っ張り合う。

具体的には、
首の一番上と背骨の一番下(尾てい骨)
の距離を上下に離しておく。

固めて動かないようにするのではなく、
背すじの上下の端を離し続けておくんですね♪
  
 
固めてしまうと、逆に衝撃や揺れに負けて
軸がブレてしまいます。
 
 
良い姿勢で立っているときも、
脚を高く上げるときも、
アレグロ(速い動き)のときも、

いつでも
首の一番上と尾てい骨を遠く引っ張りっこ
し続けてみてくださいね。
 
 

みずき先生
みずき先生
イメージはふんわり揺れるキレイなお花です♪

風が吹いてもしなやかに揺れて、ポキっと折れてしまわないでしょ♡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG0531211401.jpg です

でも、バレエのレッスンの時って、
他にも色々と気をつけることがいっぱいで、
軸のことを意識するのが難しい…ですよね。
 
 
そんな方は、
床に座った姿勢でエクササイズできる
バー・アスティエのレッスンがお勧めです。
 
バレエに活かせる身体の使い方が
大人バレリーナの方にも分かりやすいと
好評ですよ~!

バー・アスティエクラス バー・アスティエとは? バー・アスティエとはフランス人バレエ教師アラン・アスティエ氏が考案したフロアバー(barre au so...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加