バレエ基本のキ

まじめな大人バレリーナの落とし穴!

バレエって一朝一夕には踊れるようになりません。
だからこそ、そんな大変なバレエに
日々向き合っているバレリーナは
とってもまじめな人が多いなと思います♡

まじめで一生懸命は美徳ではあるのですが、
実はそれが原因で

・無駄な力が抜けない

・センターになるとグラグラする
(バランスが取れない、動きにくい)

・手足は合っているのに、何かが違う…
(バレエっぽい動き・ポーズにならない)

こんな問題が起きてしまうことがあるんです。。。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 77656286_s.jpg です

こうなってしまう一つの原因が、

何かをやろうとしてしまう

ということなんです。

・お尻を締めようとする
・脇を締めようと力を入れようとする
・ポーズを外見だけ真似しようとする

みたいな感じ。

バレエの先生に言われたことやお手本を
まじめに遂行しようとして、

本当は、結果的にそうなるべきところなのに、
プロセスを無視して、頑張って
結果の部分だけやろうとしてしまう…
ということです。

「お尻を締める」

《プロセス》
股関節からアンデオールすると
《結果》
お尻の下が集まってきてくる

「脇をゆるめない」

《プロセス》
ひじの向きを正しく保つと
《結果》
脇に力が入りしっかりする

などなど。

ただ、力を入れて頑張れば良い
という訳ではないんです。

ですが、
まじめな大人バレリーナさんの中には、
やってる感がないと不安に思ったり、
身体全体で頑張っていないと
踊れないと思っていたりする人
がとっても多いのではないでしょうか?

そのせいで、引き上げに必要な
インナーマッスル(コアの筋肉)ではなく、
身体の外側の筋肉にチカラを入れて
頑張ってしまうんですね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 80257649_486603591974637_2661838022152028160_n.jpg です

外側の筋肉を使ってしまうと、
動きが硬くなってしまったり、
バーがある時はなんとかなっても、

センターレッスンでは
バランスが取れなかったり
足が動かしにくくなったり
してしまいます。

目指す形をつくったり、
先生に言われた注意を取り入れる時は

・何かをやりにいかない
・何をどうすれば、それが可能になるのか?

を考えてみて下さいね♪

何をどうすれば、それが可能になるのか?
大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースでは、
それを一つ一つ解明していきます。

コースのお申込みは、年明け1/7まで
となっております。

受講にあたって心配な点・ご不明点があれば
お気軽にお問合せくださいね♡

お問合せはこちらから♪

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コース 従来のバレエレッスンの問題点 何年もバレエを習っているのに、なかなか上達しない…と悩んでいませんか? 大人になってから...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加