エクササイズ

ストレッチ、いつやるのが効果的?

大人バレリーナには必須のストレッチ。

どうせ同じ時間と労力をかけるなら、
ベストなタイミングで
効果的にやりたいですよね。

では、ストレッチはいつやるのが
効果的なのでしょうか?

朝?お風呂上り?
レッスン前?レッスン後?

じつは、
ストレッチの種類によって
効果的なタイミングが違います!
 

ストレッチの種類

ストレッチには2種類あります。

①動的ストレッチ(ダイナミック・ストレッチ)

②静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)
 

ストレッチの種類によって、
ベストなタイミングがあるんです。
 

1.動的ストレッチ

【動的ストレッチ】 

同じポーズで止まらずに、
動きながら筋肉や関節をゆるめるものです。

身体を動かしながら、筋肉を伸ばすことで、
心拍数が上昇して体温も上がり、
ウォームアップを兼ねることができます。
 
 
サッカー選手が試合前に、足や体幹をひねったりしながら
ウォーミングアップしてますよね。
 
 
また、違う動作を組み合わせながらやるので、
運動前に行うことで、その後に行う運動の
パフォーマンスを上げることができます。
  

 
と、いうことは、
 
動的ストレッチは、 
レッスン前にやるのがベスト♡
 
 

みずき先生
みずき先生
動的ストレッチってどんなことをすれば良いの?
という方は、バー・アスティエクラスへ来てね

バー・アスティエクラス バー・アスティエとは? バー・アスティエとはフランス人バレエ教師アラン・アスティエ氏が考案したフロアバー(barre au so...

 

2.静的ストレッチ

【静的ストレッチ】
 
同じポーズで一定時間かけて
筋肉をじわ~っと伸ばすもの。

 
私たちが通常「ストレッチ」と聞いて
想像するのが、この静的ストレッチだと思います。
 
 
30秒以上くらいかけて、ゆっくりじわ~っと
ストレッチをすることで、筋肉が緩みます。
 
柔軟性を上げたい方は、
この静的ストレッチが必要です。
  
 
ただ、筋肉を緩めてしまうので、
運動前に行ってしまうと
パフォーマンスが落ちてしまうことも。
 
バレエでいうと、レッスン前に
静的ストレッチをやりすぎてしまうと
ジャンプやキープをしにくくなってしまうということ。
 
 
反対に、レッスンで頑張って収縮した筋肉を
元の長さに戻してあげることで、
良いコンディションで次のレッスンを
迎えることができます。
 
 
というわけで、
 
静的ストレッチは
レッスン後にやるのがベスト!
 
 
お風呂上りや寝る前などにも良いですね。

 

みずき先生
みずき先生
レッスン前は動的ストレッチ、
レッスン後は静的ストレッチ、と覚えて下さいね♪


効果的にストレッチする極意 今日は、大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースでも必ずお話ししている、ストレッチの極意… ストレッチをする際に一番大切なポイント をお話し...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加