バレエ基本のキ

足りない部分をプラスする

バレエを踊っている時に、

無駄な力が抜けない…
使っちゃイケナイ部分を使っている…

と感じることはありませんか?

たとえば、脚を上げるときの前腿だったり、
アンオーにする時の肩(僧帽筋)だったり。。。

そんな時に、
前腿の筋肉の力を抜こう!とか
肩の力を抜こう!とするのは、
実はあまり良い方法ではありません。

なぜなら、
それらの場所に要らない力が入ってしまうのは、
他に原因があるから。

真の原因を取り除かなければ、
現象(無駄な力が入る)だけを止めようとしても
根本的な解決にはならず、
きっとまた何度も繰り返してしまうからです。

その、真の原因とは…

どこか別の場所が弱いから

なんです。

前腿が頑張ってしまうのは、
内転筋やハムストリングが弱いから。

肩が上がってしまうのは、
床を押すべき脚が弱くて
上半身で頑張ってしまうから。

なので、
無駄な力が抜けないんです!という方は、
別の弱い部分・足りない部分を
強化してあげるべきなんです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 名称未設定のデザイン-1-1024x1024.jpg です
ダイエットも同じです。

甘いものが止められない~!
なんていう場合、
タンパク質が不足していることが
原因だったりします。

カロリーを減らすことばかり考えるのではなく、
必要な栄養素・足りていない栄養素を
きちんとプラスしてあげることで、
あんなにも渇望していたチョコレートが
そんなに必要なくなったりします(経験談)。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 名称未設定のデザイン-1024x1024.jpg です
話が逸れましたが、
何かを止めよう、マイナスしようではなく、
「何が足りていないのかな?」
足りないものをプラスすることが
解決の近道となります。

あなたに足りないものは何ですか?

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加