バレエ上達のコツ

ピルエットが上手く回れない時のチェック項目

バレエのレッスンでは必ず出てくるピルエット。
綺麗に安定して回りたいですよね。

ピルエットが上手くいかない原因はいくつかありますが、
大きく分けて次の3つに分かれるのではないでしょうか。

1.軸が弱い

2.プレパレーションが良くない

3.腕の使い方・頭の位置が良くない

1.軸が弱い・まっすぐでない

これには、本当に沢山の原因があります。

  • 軸足の筋力がなく、ルルベでキープできない
  • 姿勢(体幹)を正しく保つだけの筋力がない
  • 床を押して立つという感覚が無い・弱い
  • 引き上げが弱くて姿勢を保てない
  • パッセ(ルティレ)のお尻が上がってしまっている

などなど。

まずは、回る以前にきちんと立っていますか?

アテール(かかとを床につけた状態)で
片足で立ってバランスを取れるでしょうか?

では、ルルベになったら?
パッセにした脚をきちんとアンデオールしたまま
ルルベで3秒以上バランスを取れますか?

軸足のどの位置に重心を置けば良いか
分かっていますか?

床を押して立つことが出来ると、
上体が上に伸び上がることができ、
軸が強くなります。

強い軸≠身体を固める です。

身体を固めるのではなく、
正しい位置で
「上に伸び続ける」「床を押し続ける」
を意識してみましょう。

プレパレーションが良くない

プレパレーションの良し悪しで、
ピルエットの成功率は大きく変わります。

回る直前の姿勢が良くないと、
ルルベパッセで立った時に
一番良い位置に乗れなかったり
まっすぐに立てなかったりします。

骨盤がまっすぐのままプリエが出来ていますか?

プリエできちんと床を踏めていますか?

プリエのかかとが浮いていませんか?

このプレパレーションについては、
別の記事でもっと詳しく解説していきますね。

腕の使い方・頭の位置が良くない

回ることに夢中になると、
忘れてしまいがちな部分です。

回ろうとしすぎて、腕を振りすぎてしまうと
遠心力で体幹がブレてしまい、
まっすぐに立つことが出来なくなります。

また、回っている時の腕の位置も大切です。

アンナバンの腕が上すぎると、
上体がそっくり返ってしまいます。

下にしすぎても、脇を使うことが出来ず
回っている時に軸がブレてしまいます。

次は、頭の位置をチェックしてみましょう。

回ることに恐怖心があると、
首をすくめたような姿勢になり
重たい頭が前に傾いてしまったり、
アゴを引きすぎてしまったり。。

すると身体全体も力んでしまって、
くるっと気持ち良く回出ません。

首はス~っと上に引き上げ続け、
肩の真上に耳が乗るような位置に頭を保ちましょう。

いかがでしょうか?

上手く回れない時は、
失敗してしまった原因を見つけて
一つずつ修正・克服していきましょう!

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加