踊り上手に見えるポイント

忘れてない?顔の向きと目線の方向

 
バレエのレッスンをしていると、
順番や足の動き手の動きに
意識が集中してしまいがちですが、
 
だからこそ、
これが出来ていると上手に見える!
というポイントがあります。
 
 
それが、顔の向きと目線の方向。

  
後回しにされてしまいがちな部分ですが、
ここがバッチリ決まると
踊りに伸びやかさや力強さが出てきますよ♪
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 73225294_577763179651629_7569264025314263040_n.jpg です

 
レッスンの時、ふとした瞬間に
顔と視線が下がっている人、
とっても多いです。
 
 
視線が下を向くと、頭の重心も変わります。
頭って重いので、下を向いちゃうと
バランスが取りにくくなったり
引き上げづらくなってしまいます。
 
  
なので、「顔を上げて」というと
目玉だけで上を見る人がいらっしゃいます。。
怖いです(笑)
  
  
バレエでは、よく《鼻で見る》
なんていう表現をしますが、
向きたい方向に鼻を向けるようにすれば
顔と目線の方向が揃いやすいですよ♪
  
 
バレエをしていない時も同じ。
 
真っ直ぐに立って、真っ直ぐ前を見る
このシンプルなことが意外に難しいのです。
  
   
「この位置ですよ~」とお身体を直すと
皆さま驚かれます。

「そっくり返っている感じがする!」
「初めての感覚です!」
とおっしゃるんですね。
 
 
それだけ出来ていない人が多いということ。

と、言うことは…!!
 
 
顔を真っ直ぐに起こしているだけで
とっても目立ちます♡

堂々として綺麗に見えるんです♡♡

 
そしてもう一つ大事なのが視線の方向
  
  
顔の向きと視線の方向が
きちんと揃っている時に感じるのは、
誠意・自信・真っ直ぐさ・明るさなどです。
 
 
反対に顔の向きと視線が揃っていないのは、
たとえば流し目とか横目で盗み見るとかですね。
 
そこから感じるのは
たくらみ・悪意・自信の無さ・嘘・暗さ
などではないでしょうか。
 
 
  
バレエでは腕を前に伸ばしたポーズを取るとき、
伸ばした腕の方向、
そのさらに遠くに顔と視線を向けます。

すると、伸ばした腕も長く見え、
ダンサーの周りの空間も広がったように見えます。
  

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は eye.jpg です

 
反対に腕の方向と全然違うところを見ていたら?
 
 
伸ばした腕のエネルギーはそこで途切れてしまい、
伸びや広がりは無くなってしまいます。
 
 
振付であえてそうする場合は例外ですよ?
 
 
真っ直ぐな視線は、
けがれを知らない純粋無垢なお姫様。
 
流し目を使うのは、
王子様を誘惑するオディール(黒鳥)など。
役によって使い分けます。
 
 

【オーラ】=【エネルギー】です。
 
  
エネルギーの広がりを表現するには
視線のエネルギーも必要です。
つけ睫毛やアイラインでは足りませんよ~。
   

みずき先生
みずき先生
あなたの目ヂカラ、足りてますか?

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加