バレエ上達のコツ

センターレッスンになると動きにくくなってしまう原因3つ

 
バーレッスンでは、出来ていた動きでも
センターレッスンになると
グラグラしてしまったり、
脚が動かしにくい…ということはありませんか?
 
 
バレエ初心者さんが
たとえばセンターでのタンジュが
上手く出来ない方には共通点があります。
  
  
今日は、センターでスムーズに動けるように
なる為のポイントをまとめてみました。
 

ポイント1:腕の使い方

 
センターレッスンになると、当然ながら
掴まることができるバーがありませんよね。 
  
センターで急にバランスが取れなくなるのは、
バーレッスンの時に、バーに頼ってしまって
自分の軸を感じて立てていなかったのかも知れません。
 
 
そんな時に助けてくれるのが【腕】です。
  
 
アラセゴンドにした腕の二の腕部分を
遠くに伸ばすように引っ張っておくと、
脇(身体のサイド)がしっかりとして
バランスが取りやすくなります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 93813035_244550146670114_1542767912173961216_n-1024x637.jpg です

 
綱渡りってやった事ありますか?
(私はありませんが…笑)
あ、平均台でも良いです。
 
あれって、両腕を横にピンと伸ばして
落ちないようにバランスを取りますよね。
 
 
腕をピンと張っていると、
体幹が整ってバランスが取れるのですね。
 
 
バレエの時に、アラセゴンドのひじが
下を向いてしまったり、
肩よりも手が上に上がってしまったりと、
正しいポジションにナイと
 
「センターだとグラグラしちゃって
バランスが取れない…!」
 
ということに。。。
 
 
ますは、腕の使い方を見直してみましょう。
 

ポイント2:アンデオールで脚を動かす

 
はい、またアンデオールです。
 
センターレッスンで、
5番ポジションから横にタンジュを
繰り返す動きを例にとってみます。
 
 
横にタンジュする脚が、
きちんとアンデオールされていないと
足の小指が床から離れてしまって
内股になってきます。
 
すると、お尻も上がってしまって
骨盤の左右の高さもズレてしまい、
軸側の身体に寄りかかるような
立ち方となって、、、
 
結果、バランスが崩れます。
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 93578386_895343217545265_5266062829009502208_n-1024x646.jpg です


 
自分で出来る最大限のアンデオールをして、
骨盤の左右の高さを揃え、
軸の脇をしっかりと立てて引き上げておく。
 
 
これが出来ると、
センターレッスンで踊りやすくなりますよ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 93649270_987730524974701_8050323477980250112_n-1024x663.jpg です

ポイント3:重心移動

 
バーとセンターの大きな違いは、
重心移動がたくさん出てくる
ということです。
 
両足に均等に重心がある5番ポジションから、
片足重心になって、反対の足を上げたり、
両足プリエから片足重心に移動したり。
 
 
この重心移動があいまいだったり、
片足重心になることが上手くできないと
速い動きや安定した動きができません。
 
 
たとえば、
   
5番ポジションから
 ↓
右足を横にタンジュ(左が軸)
 ↓
その足をついて2番プリエ
 ↓
右足軸に乗り換えて
 ↓
左足を5番に戻す
 
こんな動きの時。
 
 
重心の位置を見ていくと…
 
  
5番ポジションから【重心は両足】
 ↓
右足を横にタンジュ【重心は左足】
 ↓
その足をついて2番プリエ【重心は両足】
 ↓
右足軸に乗り換えて【重心は右足】
 ↓
左足を5番に戻す【重心は両足】
 
 
両足重心と片足重心が交互になってますね。
これをしっかり意識して動くだけでも
バランスが取りやすくなるはずです。
  
  
また、両足重心から片足タンジュになる時は、
重心は軸足に置いたままです。
 
動いている足に重心を連れていかれてしまうと
バランスが崩れてしまいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 93232541_830344077474489_2676903740929212416_n-1024x609.jpg です


重心が軸足の上にあれば、
動かす足はラクに動くはずなのですが、
 
動かす足にも体重が乗ってしまうと
当然、足が重くなって動かしにくくなります。
  
  
そこを無理やり動かそうとするから
グラグラしたり、音に間に合わなかったり
と不具合が出てくるわけです。
 
みずき先生
みずき先生
当てはまるものはありましたか?

  

 
このように、動きにくいこと
上手くいかないことの裏には
必ず何かしらの原因があります。
 
 
ですが、幸いバレエの場合は
その原因ってそんなに多くないんです。
 
 
引き上げ、アンデオール、
重心、タイミング…

 
 
細分化すればもっとありますが、
上記のポイントをチェックしてみると
ほとんどの場合、どれかに行きつくはず。
(複合的な問題ってことも多いですが)
 
 
おうちにいる時間の長い今、
自分の動きを見直してみて下さいね♡

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加