踊り上手に見えるポイント

呼吸してますか?呼吸を使えてますか?


みずき先生
みずき先生
大人バレリーナの皆さま!
呼吸、していますか?

 
もちろん、呼吸が止まれば死んでしまいますから
息はしていますよね。笑
 
 
でも、
何かに夢中になっているとき
必死でバレエを踊っているとき
 
呼吸を忘れてしまうことはありませんか?
 
 
緊張しているとき
細かい作業をしているとき 
    
呼吸が浅くなっているのではないでしょうか?
 
     
呼吸をすることは、もちろん
とても大事です。
 
そして、
呼吸を上手く使いながら踊ることは、
もっと大事。
 
  
今日は、呼吸がどうして大事なのか?
そして踊りにプラスとなる呼吸の使い方
とは何なのか?
をチェックしていきましょう!
 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 77342982_818454215270692_7293446057403351040_n-1024x512.jpg です

呼吸のメリット

緊張を解き、自分の身体に集中できるようになる

   
私のクラスでは、
必ず【呼吸】をすることから始めます。
 
 
日常の雑念を取り払って、
レッスンモードに入る為の儀式。
 
 
自分の呼吸の音を聞き、
身体の内側に意識を向けることで、
周りを気にして緊張していた身体と心を
ゆるめていくことができます。
 
 

身体に酸素をめぐらせることで動きやすくなる

 
息を止めると、
筋肉はギュっと固まり、重くなります。
 
 
呼吸をすることで、酸素が全身にめぐり
血行も良くなり、身体も伸ばしやすくなります。
 
 
バレエで必要な柔らかく細くて長い筋肉
つくることができ、
脚を高く上げたり、ジャンプしたりも
やりやすくなってきます。
 
 
胸や背中も動くようになり、
しなやかで柔らかい動きが可能になります。
  

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 78864573_549371749247001_8483886321838850048_n.jpg です

呼吸を使って動くとは

呼吸をコントロールすることで、踊りの質が変わる

 
呼吸を止めたままでは、
しなやかな動きはできません。
  
ギクシャクした硬い動きになりたくなければ、
呼吸と動きを合わせること。

 
それが【呼吸を使う】ということです。
 
 
例えば、
外へ外へ伸びていくような動きの時は
《息を吐く》
 
身体の中心に力を集めてくるような動きの時は
《息を吸う》
など。
 
 
そんな意識をもつだけで、
伸ばす動きはより伸びやかに
中心に集めてくる動きはよりしっかりと
 
軽やかで力強く、見た目にも美しい動きが
可能になります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 83373010_s.jpg です

 
「踊りに必死で、呼吸にまで気を回す余裕なんて無い!」
「私にはまだ早い!まずは動きを覚えなきゃ…」
 
 
そんなふうに呼吸を《別モノ》として
分けて考えるのではなく、
 
たとえば、
 
息を吐きながらタンデュして、
息を吸いながら5番ポジションに戻してくる

 
息を吸いながらパッセになって、
息を吐きながらデヴロッペしていく

 
などなど、色んなアイデアがあります♪
 
 
息を吐くときは、エネルギーを放出して
身体が外へ遠くへ伸びていくイメージ。
  
息を吸うときは、エネルギーを集めてきて
身体の中心に力を集めてくるイメージ。

(もちろん、逆のパターンを使うこともあります)
 
 
動きと呼吸をセットで練習していくと
踊りの質がどんどん変わってきますよ♡
 
みずき先生
みずき先生
お試しあれ〜♪

 

来年1月のバー・アスティエ+バレエでは、
『しなやかな上半身』をテーマに
呼吸と身体の連動も体感していただきます。
 
 
「息してる!?」
「動きが硬い!」
と言われてしまう方は、
ぜひご参加くださいね♡
 
 
12/15(日)21時より、
メルマガ&LINEご登録者さま限定
先行予約スタートです!
 

大人バレリーナの為のテーマ別エクササイズ&バレエ 踊れる身体をつくるエクササイズ バレエが大好きな皆さま!こんなお悩みはありませんか? バレエを踊るには、、、 アンデオールをして...

 

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加