バレエ基本のキ

軸が安定する!上半身と下半身の関係

バレエを踊る為には、
強くてしなやかな《軸》が必要。

安定した軸を保ちながら動くには、
上半身と下半身の関係を理解しておく
とっても便利です。

今日は3つのポイントを
是非覚えてくださいね♪

前:ドゥバンに脚を出す(上げる)時

脚を前に出す時は、
出す脚の上の面を意識するのではなく、
脚の裏面を意識しながら動かします

裏側の筋肉を遠くに引っ張るように
意識しながら動かすことで、

脚の付け根にムダな力が入ることなく
前腿・外腿をガチガチに固めることなく
長い筋肉をつくることができます。

前に出す脚(下半身)に対して、
上半身は、背中を意識して上に引き上げます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は devan.jpg です

そうすることで、
出す脚につられて、骨盤が後傾することなく
バランスが取れた状態で立っていることができます。
(ドゥバンに60°以上上げる時、骨盤は少し後傾します)
  
 
これは、タンジュでもジュテでも
グランバットマンでも同じです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は devan3.jpg です

後:デリエールに脚を出す(上げる)時

デリエールは、ドゥバンと反対です。

脚を後ろに出す時は、
出す脚の腿裏を意識するのではなく、
脚の前面を意識しながら動かします

前側の筋肉を遠くに引っ張るように
意識しながら動かすことで、

腰をギュッと縮めてしまうことなく
上げようとし過ぎて膝が曲がることなく
長い筋肉をつくることができます。

後ろに出す脚(下半身)に対して、
上半身は、お腹と胸を意識して上に引き上げます。 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は derier.jpg です

そうすることで、
出す脚につられて、お腹が前に落ちることなく
バランスが取れた状態で立っていることができます。
(デリエールの時、骨盤は少し前傾します)

これも、タンジュでもジュテでも
グランバットマンでも同じ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は derrier3.jpg です


以前書いた記事
「要注意!アラベスクで腰が痛くなる?」
もご参照くださいね♪

横:アラセゴンドに脚を出す(上げる)時

アラセゴンドに脚を出す時は、
出す脚の上側(前腿)ではなく、
下側(内腿)を意識しながら動かします。

内側の筋肉を遠くに引っ張るように
意識しながら動かすことで、

アンデダンになってしまうことなく
付け根にムダな力が入ってお尻が上がることなく
長い筋肉をつくることができます。

横に出す脚(下半身)に対して、
上半身は、軸足側の脇を意識して上に引き上げます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は second.jpg です


体側だけでなく、さらに引き上げて
軸側の耳も上に引っ張られるくらい
意識しておくと、動く脚に負けない
強い軸を作ることができます。
(アラセゴンドに90°以上上げる時、
骨盤は軸側に少し傾けます)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は alasecond.jpg です

これも、タンジュでもジュテでも
グランバットマンでも同じです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は second3.jpg です

 

上半身と下半身のバランスが取れると…

このように、脚を3方向に動かす時に、
それぞれ引き上げておく箇所を意識すると、

アダージオで脚を高くあげる時も、
アレグロの速い動きの時も、
グランワルツなどの大きな動きの時も、

グラつかず、腰に負担をかけずに
身体を引き上げておくことができます。

みずき先生
みずき先生
はじめは、スロータンジュの時から
試してみて下さいね♡

要注意!!アラベスクで腰が痛くなる? そんな方は、気をつけて。 その身体の使い方を続けていると、 ちょっと危険です。。。 腰が痛くなる原因はいくつかありますが、、、 ...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちらから♪



月に1~2回配信予定。

LINE@ご登録はこちらから♪

友だち追加