身体の使い方

お尻が固まってアラベスクが上げにくい時

アラベスクをしようとした時に、
お尻の上の部分がギュッと固まってしまい
脚を上げにくいと感じたことはありませんか?

これ、お尻が大きいからな訳でも
腰回りに脂肪がついているからな訳でも
ございません!
 
 
実はちょっとした意識と
身体の使い方を変えるだけで、
かなりラクに上げやすくなるんです。
 
 
まずは、意識。
 
 
アラベスクする時に、
脚を後ろに出していくからと言って
身体や脚の後ろ側ばかりに意識が
集中していませんか?
 
 
・脚の裏側を持ち上げる
・腰を反らせる、縮める

 
 
そのようなイメージで上げてしまうと、
腰を痛めてしまったり、
膝が曲がってしまったり、
お尻の上部にムダな力が入ってしまいます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 156406633_1126452737870846_3006239548864884992_n.jpg

ですから、脚を後ろに上げる時は、
身体の前面を意識してみましょう。

お腹側(腸腰筋など)が伸びて
鼠径部の辺りもストレッチされた結果、
脚が上がっていく…というイメージです。

これは、アラベスクだけでなく、
前後開脚で後ろの足が伸びにくい人も
同じような意識が必要です。

その為には、
腸腰筋から前腿にかけてのストレッチ
をしてあげましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 155831762_240481821080785_2588674960152302197_n.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 156643162_1982598615211776_4281513232225096583_n.jpg

↑  ↑  ↑ こういうの♪ 

私たちダンサーは
どうしてもハムストリングスなどの
脚の裏側のストレッチに偏りがちですので、
意識的に前側も伸ばしてあげて下さいね♡

要注意!!アラベスクで腰が痛くなる? そんな方は、気をつけて。 その身体の使い方を続けていると、 ちょっと危険です。。。 腰が痛くなる原因はいくつかありますが、、、 ...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪


月に1~2回配信予定。
LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加

プライベートの緩めブログはこちら♪