バレエ基本のキ

センターレッスンになるとグラグラしてしまう?!

バーレッスンの時には色々動けるし、
ルルベでバランスも取れるのに、
センターレッスンになると、
急にフラフラしてしまったり、
バランスが安定しなくなっちゃう…

なんてこと、ありませんか?

これって実は
バーレッスンの時から
本当にはバランスが取れていない
ってことなんです。。

バーに無意識に寄り掛かっているから
バランスが取れているだけで、
実際には一人で立ててはいないんですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 25.media_.tumblr_com.jpg

以前、バレエクラスで
センターレッスンのタンジュの時に、
動かすほうの脚が出しにくい・動かしにくい
という方がいました。

これは、やはり
正しく立てていないから
なんです。

センターになると出来ない…のではなく、
実はバーでも出来ていないってこと。。

がーーーーん( ̄∇ ̄)

本来、タンジュは
5番(1番)ポジションでスタートする時は
両足に均等に体重が乗っています。

ここから、脚を出していく時に
軸足のほうに重心を移していきます。

そうすることで、
出すほうの足がフリーになるので、
ラクに動かせるのですね。

この時に、

【重心移動が上手く出来ていない】=
【片足できちんと立てていない】

と脚が動かしにくくなってしまうんです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 80553084_2457585687902801_5838162424275927040_n-1024x576.jpg

あとは、、、

ずっとバレエを続けているのに、
お尻と太ももの境い目のところに
無駄なお肉がついてしまってる方も、
正しく立てていない可能性が大!!

正しい姿勢・正しい重心で立っていると
勝手にお尻の下がキュっと
引き締まってくるはずなんです。

よく先生が

「お尻締めて~!」
「お尻を小さく!」
「お尻をハート型に」

なんて注意をしてくれますよね?

それって、お尻で何かを頑張るのではなく、
正しく立つとお尻が勝手にそうなるんです。

軸足の《どこに》《どのくらい》
体重を乗せれば良いのか?
  
正しく立てているかを感覚的に掴むには、
どこがどう感じられればOKなのか?

それが分からないと、
片足で正しく立つことが出来ません。

・立ち姿勢
・重心の位置
・床を押して立つこと
・その時の身体の感覚

そこのところを、立ち方講座では
一緒に実践していきたいと思います。

日程が決まりましたので、
次回お知らせさせて頂きますね~♪

メルマガ読者さまから先行予約のご案内をしますので、
ご希望の方は、こちらからメルマガにご登録ください♡

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加

プライベートの緩めブログはこちら♪