バレエの身だしなみ

ショートヘアでシニヨン(お団子)もどきを作る方法

 
バレエといえばシニヨン(お団子)ヘア。

大人の場合は、
お稽古の時は邪魔にさえならなければ
基本的にはどんなヘアスタイルでもOKですが、
そうはいかないのが、発表会ですよね。

  
頭を小さく・スタイルを良く見せる為にも
発表会本番はシニヨンヘアが理想。

 
でも、いまショートヘアで
どうしよう!?本番までに伸びないかも…
という方!!

ご安心ください♡
ショートヘアでもシニヨンもどきを
作る方法があるんです。

  
以前、アメブロで 

かつてショートヘアなのに、
バレエの舞台当日に何事もなかったかのように
シニヨンにして現れ、周りの人たちに
「それ、どうなってるの~!?」と
驚かれたことがあります。

と書いたところ、
ショートヘアの大人バレリーナさん達から
何件もお問い合わせをいただき、
その都度、個別にお伝えしておりました。 

 
が、本日伸びすぎた前髪に耐えられなくなって
ばっさりベリーショートにした記念に(?)
こちらにやり方を書いておこうと思います♪    

ショートヘアのシニヨンもどきの作り方

《用意するもの》

  • クシ
  • ハードタイプのヘアワックスorジェル(男性用の一番ハードなもの)
  • ヘアゴム
  • フィットゴム(無印良品)*1
  • シュシュウィッグ(付け毛がシュシュの形になっているもの)*2
  • お団子ネット
  • ヘアピン(いっぱい)
  • Uピン

     

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 57387260_423790414847025_7486971266511929344_n-722x1024.jpg です

    *1 フィットゴム(無印良品) 

《やり方》

1.準備

 
髪全体を濡らしてまとめやすくします。
(軽くパーマをかけておくとまとめやすいです) 

2.ハーフアップをつくる

 
前髪と耳の横の髪の毛を
ハーフアップ(*3)にしてヘアゴムで結びます。

横から見た時に、
アゴと耳を結んだ延長線上のあたりに
結び目を作るとキレイです。

前髪が短かかったり、
サイドの髪の毛が落ちてくる場合は、
ハードワックスをつけてヘアピンで留めます。

*3 ハーフアップ
これはロングヘアの例ですが、
このように結び目をつくることで、お団子の芯になります。

3.ブタのしっぽを作る

 
襟足の髪をいくつかに分け、
ワックスを馴染ませてからフィットゴム(*1)で結びます。

少量ずつの毛束にして
ブタのシッポのようなチビ結びを作ります。 

4.襟足の髪をすべてアップに

 
ブタのシッポを上向きにして、ヘアピンで留めます。
これで襟足の髪が全てアップになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 57368774_171505840432564_2922501215138873344_n-1024x542.jpg です

5.お団子もどきを作る

 
ハーフアップにした結び目の根元に、
シュシュウィッグ(*2)を通し、
自分の髪の毛と一緒にクルッとまとめて、
お団子ネットを被せてUピンで留めます。

近くで見るとピン止めだらけになりますが、
シュシュウィッグでお団子風のボリュームが出るので、
遠目からは普通にシニヨンを結っているように見えます。 

ポイント

 
普通のヘアゴムでは結べない長さの襟足の髪を、
小さなフィットゴムを使って小分けにすることで、
しっかりアップにすることです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は short.jpg です


↑の写真は、ショートに軽くパーマをかけた状態で
襟足の髪を小さく結んでアップ風にしています。
発表会の時は、もっとピチっとまとめると良いと思います。

みずき先生
みずき先生
発表会本番までに、
できるだけ襟足の毛を伸ばしておきましょう♡

サイドの髪の毛もこのくらいあると
ハーフアップにしやすいです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は short2.jpg です


健闘をお祈りします!!

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちらから♪



月に1~2回配信予定。

LINE@ご登録はこちらから♪

友だち追加