開催報告

バレエのモヤモヤ、いつまで放っておきますか?

今日は、オンラインのバレエ講座、
キレイに脚上げ120°!
大人バレリーナの【デヴロッペ講座】
を初開催しました♡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は develope0704-1024x576.png です

シンガポールからご参加くださった方もいて、
やっぱりzoomレッスンって便利だわ♪と
改めて感動したのでした。

さらに、みんなを一画面で見ることが出来るから、
広いスタジオで大勢を見ているときよりも
みんなの姿が見やすいんです。

触って直してあげることは出来ませんが、
そのぶんチェックする目は
キラリと行き届いておりますよ♡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 106547739_1189629491391632_7834313528783908023_n-1024x576.jpg です

脚を高く上げる為には、
柔らかいだけではダメで、
バレエならではの色々なコツが必要です。

もっと早く知りたかった!と言われる
マル秘テクニックをお伝えして、
講座終盤は皆さま別人のようになりました♡

そして、そして。

講座の中でいただいたご質問から派生して、
こんなトピックが出てきたのです、、、

バレエで脚を上げる時は、
前腿を使ってはイケナイ

そうなんです、これ、
バレエをやっている方なら一度は聞いたことが
ある台詞だと思うのですが、

本当に1ミリも使ってはいけないのか?
前腿の筋肉はまったくもって全然使われないのか?
 
というと、答えは【No】です

この台詞を言う時の、先生の真意はこうです。

前腿ばっかり使わないで
内腿のほうの筋肉を使ってね。
その為にはアンデオールが必要よん♡

…後半の方が大事じゃないですか??(笑)

そうなんです。
大事な後半のほうの

内腿の筋肉を使ってね。
その為にはアンデオールが必要よん♡

が省略されているんです。。。

先生たちは、
「そんなこと言わなくても当たり前でしょ」
なんて思っていたりして、
受け手とのギャップに気づいていなかったり
するんですね。

脚を高く上げる時にも、
「え、、、みんな分かってるでしょ?」
と、別に内緒にしている訳でもないのに
知らされて(教えられて)いない、

生徒さん達が、
「初めて知りました!!」
「もっと早く知りたかった!」
と言う、《上げ方のコツ》があるんですね。

バレエのレッスンって、
こういうことが意外に多くて、
そのせいで間違った使い方を続けてしまって
身体を痛めてしまったり、

何年も習っているのに、
あんまり上達できなかったり、
っていう問題が起きているのです。

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースなどを
やっていても、
そういう、バレエ先生の常識と
大人バレリーナさん達とのギャップを埋めて
通訳する必要をひしひしと感じるんです。

皆さんも、心の底では
「どうして言われた通りやってるつもりなのに
全然出来るようにならないんだろう?」
ってモヤモヤしてると思うんですよね。

そんなモヤモヤを解消してもらいたくて、
このようなバレエ講座をやっております♪

そして、現在!!
先生の注意の意味と意図を
しっかり理解できるようになる
【大人バレリーナ専門オンライン講座】
という動画レッスンを、せっせと準備しております。

もう少ししたら、詳細をお知らせできますので
ちょっと待っていて下さいね~!

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加