バレエ上達のコツ

ロボットバレエを卒業して、しなやかに伸びやかに踊るには?

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースでは、
期間中にソロの踊りを1曲踊れるようにレッスンします。

振り付けを練習し始め、その踊りを録画してみると
コース生が口を揃えて言うのが

私の動きって、ロボットみたいに硬いです~!

ということ。

動きが硬い、というと柔軟性が足りないから?と
思われがちですが、そうではありません。
(正確には、それだけではナイ。かな)

みずき先生
みずき先生
今日は身体の固さ以外の原因を探っていきましょう♪

動きが硬く見えてしまう原因は、この3つ!!

  1. 動きと動きのつなぎが滑らかでない
  2. ポーズごとに身体の伸びが足りない
  3. 顔・胸・背中が動いていない

ひとつずつ見てきましょう。

①動きと動きのつなぎが滑らかでない

コマ数の少ない昔のアニメって、
動きがカクカクして見えますよね。

ポーズA → ポーズB → ポーズC

と、3コマしかないアニメーションは
ギクシャクとした硬い動きになってしまいます。

反対に、ポーズAからポーズCまでを
細かく細かくコマ割りするように繋いでいくと
流れるような滑らかな動きになっていきます。

その為に必要なのは、
自分の身体を思い通りにコントロールしながら
動かせるようなキープ力や筋力。

身体をコントロールできる筋肉がなければ、
しなやかな・滑らかな動きはできないんです。

→ 動きと動きのつなぎは滑らかに♡


②ポーズごとに身体の伸びが足りない

さらに、ポーズAだけを取り出してみても、
いっきにポーズを作る「A!」は、
ピシっとポーズをキメる時には有効ですが、
柔らかい印象ではありません。

決められた音の中で最大限に身体を使いきり、
腕も脚も、さらに遠くに伸びていく…

「A!」で終わらずに
「A~~~~~~」って感じ?(笑)

関節と関節の間にすきまを空けるように、
筋肉も細く長く伸ばし続けるようにすると、
ポーズが柔らかく見えます。

ちなみに…
英語でポーズ(Pause)は一時停止ですが、
バレエの場合、停止しちゃダメ、なんですね。

見た目では動いておらず、停止しているように見えても
身体の中は、実はずっと伸び続けています。

それが、踊りが大きく伸びやかに見えるコツです。

→ 身体をしっかり伸ばしてポーズ♡


③顔・胸・背中が動いていない

手足は動かしているけれど、
胸や背中をまったく動かさずに固めたまま…
顔の向きも一点を向いたまま…

これも、踊りが硬く見える原因です。

バーレッスンでは、身体をまっすぐ前に向けて
骨盤が開かないようにとか、スクエアボディを保って、
のように注意されることが多いと思います。

ですが、センターレッスンや振り付けになった時も
そのまま「とにかくまっすぐ!」を守り続けてしまうと
手と足しか動かないロボットのように…。

エポールマン(肩を斜めに構えるポジション)を使ったり、
呼吸と一緒に胸を緩めたり背中を反らしたり、
身体(体幹)も一緒に動かせるようになると
しなやかに踊れるようになってきます。

ですが、大人になると少しずつ背中が硬くなってきます。
とくに胸椎は動きが出にくい部分。
バレエレッスン以外に、エクササイズを追加して
柔軟性を保っておきましょう。

バー・アスティエのレッスンがピッタリね♪

→ 胸や背中、身体も使って踊りましょう♡

  

  1. 動きと動きのつなぎを滑らかに
  2. 身体をしっかり伸ばし続けてポーズ
  3. 胸や背中、身体も使って踊る

この辺りを気を付けてみると、
かなりロボットバレエは解消できるはず。

みずき先生
みずき先生
次のレッスンで試してみてくださいね♪

 

なぜかバレエっぽくない…原因はこの2つ前回の記事では、バレエの悩みが多すぎて、何から手をつけて良いのか分からない方へ意識すべきたった1つのことをお伝えしました。 http:/...
踊り上手に見えるちょっとしたコツ親愛なる大人バレリーナの皆さま♡ 今日は、ピルエットが苦手でもアラベスクで脚を高く上げられなくても「踊り上手」に見えるちょっとしたコツを...

 

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加