バレエ基本のキ

「足で立っちゃダメ」ってどういうこと!?

バレエのレッスンの時に言われる注意って、
日本語として「?」なモノが結構ありますよね。

例えば、『顔をつける』
…元から誰にでもついてますヨ?みたいな。笑

そしてよく言われる『足で立たない!』
え…逆立ちしろと?

えー、そうではなくて、

「足で立たない」は、
「足の力だけで立ってはダメですよ」
という意味です。

その注意のほとんどは、
ルルベやポアントで立つ時に言われるはず。

足の力だけで立つ人がどういう風になっているかというと、、、

  • はじめに《かかと》を上げようとするから、
    上体がルルベorポアントに立つ準備が出来ていない
  • 身体が引き上がっておらず、
    足首に全体重が乗っかっている
  • 床を押すことができず、膝も曲がりがち…

身に覚えあり!な方は、
上記の反対をやってみて下さい♡

  • まず身体を引き上げていき、
    上体・骨盤が上に上がるから、
    かかとも床から浮いてしまう…
    という順序で立つ
  • 足首だけに体重をかけないように、
    ポアントの時は爪先、
    ルルベの時は足指の腹で床を押して、
    上に伸び上がる

床に足を突き刺して立つと、
爪先や指先が痛いような気がするかも知れませんが、
そんなことはありません!

身体を引き上げて、
【足は下へ】【上体は上へ】
という使い方をすれば、
爪先・指先にかかる体重も軽くなります。

膝もしっかり伸びて、安定して立つことが出来ます。

ルルベアップ・シュッスアップする時は、
かかとスタートではなく、上体・骨盤から。

試してみてくださいね〜♡

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加