バレエ上達のコツ

『脚を高く上げたい』は同じでも、 課題は千差万別!!

デヴロッペ講座、すべて終了しました!

参加者の方は、
脚を高く上げられるようになりたい!
という目的は同じでも、

■脚を上げると内股になってしまう人
   
■手で足を持てば上げられるけれど
 キープすることが出来ない人
   
■横には上がるけれど、後ろが苦手な人
  
■高く上げようとすると、膝や背中が
 曲がってしまう人

など、
さまざまな課題をお持ちでした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100576056_273862340464806_7176007040051970048_n.jpg です

共通していたのは、
本当の原因(課題)は、他にもあった
ということ。

例えば、

脚を上げると内股になってしまう人は、
アンデオールが出来ていないから、
前腿ばかりが痛くなり、
高さも上がらないのだし、

脚を上げると膝が曲がったり、
背中が丸くなってしまう人は
脚で床を押すことが出来ていないんですね。

ということは、
同じ課題(アンデオール不足や床の押し不足)
が原因となって上手くいかない動きが
他にもいっぱいあるはずなんです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100766045_2286898431619627_8270209581443973120_n.jpg です

しかもそれって、
いつものレッスンで先生に散々言われていること
だったりすると思うんですね。

「前腿使わないで!」
「床を押して!」
「背中を丸めないで!」
「お腹(胸)を落とさないで!」

そこで、
「そうか、背中を丸めちゃダメなのね」
と、背中だけを伸ばそうとしても
上手くいかないんです。

上にも書いたように、
背中が丸まってしまう原因は
背中発の問題ではなくて、
軸足が床をきちんと踏めていないから。

さらに、床が踏めないのは、
足の裏の重心の位置が違うのかも知れないし、
正しい姿勢が作れていないことが
原因かも知れません。

ですから、
先生の注意してくれる言葉の
本当の意味・意図を正しく受け取れていないと
見当違いな努力を続けることになり、
何年経っても上達が感じられない…
という悲しいことも起こってしまうワケです。。

【大人バレリーナ専門オンライン講座】
作ったのは、
レッスンで言われる注意を正しく理解して、
やるべきことが分かるようになってもらう為です。

そして、頭で理解した《やるべきこと》を
身体でも理解して習得できるように、
シンプルな動きを繰り返し練習してもらう為、です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 103673051_3198217770230582_5855642266710081186_n-1024x576.jpg です

上達しないのは、
【正しい知識の不足】【行動量不足】
が原因です。

私達は、派手な分かりやすいテクニックを
「◯◯が出来るようになりたい!」
と考えがちですが、

実はそれ以前に
やらなきゃいけないこと、
目を逸らしていることがあるんですよね。

だからオンライン講座は、
この【知識】と【量】をカバー出来る2本立てになっています。

先生に言われる注意の意味や
身体の使い方の正しい知識を知って、
それを繰り返し練習できる環境を作るのが
バレエ上達の近道ですよ♡

大人バレリーナ専門オンライン講座 ~バレエ上達の秘密 11 Message~ せっかくはじめた大好きなバレエ全然上達できないと悩んでいませんか? バレエをはじめてみたけれど、慣れないレッスンについていけな...
♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加