身体のケア

無理しないでやる、気をつけながらやる…具体的にはどうするの?

 
レッスンをお休みするほどの怪我や痛み
ってほどではないけれど、
 
片脚で立つと軸足の股関節が痛むとか
膝をピンと伸ばすと膝が痛むとか
少し腰を痛めているとか
 
バレエをしている人なら
一度は経験があるのではないかしら?
 
 
本当に痛い時や、怪我の時は
病院で診てもらったり、
思い切ってレッスンを休むことも必要です。
 
 
自分の身体のケアは、
大人バレリーナにとっては重要事項♡
 
 
ですが、
そこまでじゃないんだけど…という時。
 
 
 
私たち講師は
 
「無理のないところで動いてね」
「気をつけてやってね」
 
などと言ったりします。
 
 
生徒さんも
「今日はできる範囲でやってみます」
なんて言ってくれるのですが、、、
 
じゃあ

「無理のないところ」ってどこ!?

「気をつける」って具体的には何を!?
  
 
そこをハッキリさせないまま踊るのは
ちょっと危険ですよ〜!というお話。
  

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 79200608_433246777628055_4381805410101755904_n-1024x683.jpg です

  
気をつけて頂きたいのは、
  
「無理のない範囲で」
「気をつけて」というのは、
  
筋肉を使わず、頑張らず、
ゆるゆるとテキトーにやる、
という意味ではないんです!!
 
 
それは、かえって
痛みのある場所に負担がかかったり、
別のところまで痛めてしまう原因にも
なりかねない危険行為。
 
 
本来の【無理のない範囲で】は、
いつも以上に身体の声に耳を傾けて
痛みの出ない範囲で慎重に動かしましょう
という意味です。
 
 
【気をつけながらやる】は、
いつも以上に、身体を引き上げて
きちんと付け根からアンデオールして、
痛い場所にこれ以上負担をかけないように
レッスンしましょう
という意味。
 
 
全然ゆるゆる・テキトーに、、、
ではないですよね(笑)
 
 
それが難しいなら、
レッスンはお休みしたほうが安全かも?
 
 
また、ジャンプの着地で捻ったなどの
ハッキリとした原因のない痛みは、
普段の身体の使い方を見直す
ヒントになるかも知れません。
 
 
レッスンが終わるといつも
足が痛い、腰が痛い、
膝や股関節が痛い、という方は、
今こそ普段の動きを見直すチャンスです。
 
 
大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コースでは
自分では気が付かなかった
身体の使い方の癖を直して、
バレエの基礎力をぐぐんと底上げしていきます。
 
 
レッスンをすべて動画で撮影して
お渡ししているので、
自分の動きをチェックできて
愕然とする…勉強になると好評です♪

 

みずき先生
みずき先生
2020年1月からスタートします!
ご興味のある方は、お気軽にお問合せくださいね♡

大人バレリーナ徹底改造3ヶ月コース 従来のバレエレッスンの問題点 何年もバレエを習っているのに、なかなか上達しない…と悩んでいませんか? 大人になってから...

 

♡最新情報をいち早くお届けします♡
ご登録くださった方に
『オーラのある立ち姿美人のつくり方』
8日間のメールレッスンをプレゼント!
メルマガご登録はこちら♪



月に1~2回配信予定。

LINE公式アカウントご登録はこちら♪

友だち追加